NEWS & TOPICS

2021.09.26

「Ordinary than Paradise -何事もなかったかのように」トークイベントレポート

こんにちは。アキバタマビ21です。

本日は、現在開催中の展覧会「Ordinary than Paradise -何事もなかったかのように」の、トークイベントの模様についてレポート致します。

今回のイベントは、『今、「何事もなかったかのように」絵が描けるか?』というテーマのもと、作家の北村さん、吉國さん、石原さん、赤羽さん、中野さんと、ゲストに山本浩貴さん(文化研究者・金沢美術工芸大学 美術工芸学部美術科芸術学専攻講師)を迎え、9月25日(土)14:00〜16:00にオンラインで配信されました。

No.91_event_re01.JPG

さて、今回のトークでは、北村さんが司会を務められ、各作家の自己紹介とゲストの山本さんの紹介を皮切りに、まずは、コロナ禍を経て、それぞれの制作がどう変わっていったのか、また、変わらなかったのか、という観点から話が広げられました。

変わらないと思っていたところから変わった実感をし、今までとは違うアプローチをした北村さん、人と会うことが少なくなったことで人を描くという選択肢が増えた中野さん、植物を描いていたところから黒い背景が出てきた吉國さん、変わらないようにと思っていたものの、作品のモチーフに影響を受けていた赤羽さん、クライアントワークの日々の中で作品制作をするという変化のあった石原さん......。それぞれの作家が実感したOrdinaryとParadiseについてお話されていました。
また、そのお話の中で出てきた、北村さん、吉國さん、中野さん、それぞれの人物を描くことに対する意識の違いについてもとても印象に残りました。

No.91_event_re02.JPG

No.91_event_re03.JPG

その後トークは、全体や各作家の展示方法についてのお話、これからどういう作品に展開していきたいかというお話に続いていき、最後に山本さんが、意思を持って戻りたいもの、戻らない方がいいものを考えつつ以前の状態に回帰することと新しく獲得することを組み合わせていき、それが制作にも関わってくる、とおっしゃってトークは締めくくられました。


今回のトーク動画は、アキバタマビ21のYoutubeチャンネルにて、アーカイブが公開されています。


また、すでに配信されているギャラリートークの方では、このトークとはまた違った視点から作品のお話を聞くことができますので、ぜひ、そちらも合わせてご覧ください!
https://www.youtube.com/watch?v=QAkXKrhmado

flickrでは、今回のオンライントーク収録の様子や、そのほか過去に開催した展覧会の様子もご覧いただけます。
https://www.flickr.com/photos/akibatamabi21/

INFO

開場時間 12:00〜19:00(金・土は20:00まで)
休場日 火曜日
入場料 無料
アドレス 〒101-0021
東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 201・202
TEL/FAX 03-5812-4558
E-MAIL 
  アクセス方法はこちら