NEWS & TOPICS

2018.11.11

「セコンドハンド」トークイベント「工業製品の迷信」レポート

こんにちは。アキバタマビ21です。

11月10日(土)の18:30から、現在開催されている第72回展覧会、「セコンドハンド」のトークイベントが行われました。
酒井貴史さん(おさがりセンター管理人)と、小池んさん(新しい人代表)がゲストとしてお越しになり、出展作家のみなさんを交えた「セコンドハンド」についてのトークが繰り広げられました。

_MG_9469_re.jpg


冒頭に、出展作家の鷲尾さんからご挨拶があり、ゲストの酒井さん、小池んさんの活動についての紹介がありました。

_MG_9426_re.jpg

酒井貴史 氏(おさがりセンター管理人)

酒井さんが紹介された「おさがりセンター」は、誰でも自由におさがりを置くことができ、誰でも自由におさがりを持ち帰る事ができるそうです。

_MG_9439_re.jpg

小池ん 氏(新しい人代表)

また、小池んさんは「新しい人」という中古商品を扱うお店を経営しています。
お店にモノを持って行くと、独自通貨と交換され、それを利用して商品の取引をします。

_MG_9449_re.jpg

鷲尾怜

鷲尾さんを始め、それらのシステムや中古品に対する様々な扱い方をもつゲストの方々に、出展作家の皆さんは、今展示の共通テーマ、「セコンドハンド」を掘り下げて行きます。

「セコンドハンド的な事象」とは、あるモノが持つ本来の意味、文脈を無視した結果、そのモノが本来持っていた機能性を飛び越えた文脈や質感をまとうことを表しているそうです。

_MG_9452_re.jpg

wimp

_MG_9456_re.jpg

衛藤隆世

_MG_9466_re.jpg

小池奈緒

海外留学での体験を元にしたり、寓意画という表現方法を根底に目に見えるものを全て描き出したり、本来のデザインを伴わずにそれであり続ける炭酸飲料にきっかけを得たり、実在しないペットの健康状態を数値で表現したりと作家の皆さんはゲストの方のお話を踏まえた上で、セコンドハンドに繋がる作品の解説をされていました。


会場は満席となり、皆さんとても真剣にトークに耳を傾けている様子でした。
イベントの終了後に、お越しになった皆さんと出展作家の皆さんがご歓談され、賑やかな雰囲気となりました。

ご来場下さいました皆さま、ありがとうございました。

本展覧会は12月2日(日)まで開催しております。
みなさまこの機会にぜひお越しください。

flickrでは、今回のアーティストトークの様子や、そのほか過去に開催した展覧会の様子もご覧いただけます。
https://www.flickr.com/photos/akibatamabi21/

INFO

開場時間 12:00〜19:00(金・土は20:00まで)
休場日 火曜日
入場料 無料
アドレス 〒101-0021
東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 201・202
TEL/FAX 03-5812-4558
E-MAIL 
  アクセス方法はこちら