NEWS & TOPICS

2018.06.27

Quiet Dialogue: インビジブルな存在と私たち

第54回展「日常のフィクション」出品作家の坂本夏海さんが、現在開催中の「都美セレクション グループ展 2018」に参加しています。公募企画によるグループ展で、坂本さんはBack and Forth Collectiveによる「Quiet Dialogue: インビジブルな存在と私たち」に企画から関わっているそうです。
29日(金)にはアーティストによるガイド・ツアーが、最終日の7月1日(日)にはクロージング・イベントが行われます。詳しくは展覧会サイトをご覧ください。


都美セレクション グループ展 2018
Quiet Dialogue: インビジブルな存在と私たち

参加作家:川村麻純、カタリナ・グルツェイ、坂本夏海、セナ・バショズ、本間メイ、良知暁、小口なおみ、滝朝子
会期:2018年6月9日(土)〜7月1日(日)※6月18日(月)休室
   9:30〜17:30(金曜日のみ9:30〜20:00)※入室は閉室の30分前まで
会場:東京都美術館 ギャラリーA
   東京都台東区上野公園8-36
展覧会サイト:https://backandforthcollective.wordpress.com/

INFO

開場時間 12:00〜19:00(金・土は20:00まで)
休場日 火曜日
入場料 無料
アドレス 〒101-0021
東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 201・202
TEL/FAX 03-5812-4558
E-MAIL 
  アクセス方法はこちら