EXHIBITIONS

Ordinary than Paradise

何事もなかったかのように

2021年8月29日(日)〜10月3日(日)
12:00〜19:00(金・土は20:00まで) 火曜休場

北村早紀 吉國元 石原絵梨 赤羽佑樹 中野由紀子

2020年、新型コロナウイルスの感染拡大と緊急事態宣言により、私たちの日常はあっけなく瓦解しました。


それぞれが喪われた日常と、その脆さに戸惑う日々を送るなかで、本展覧会の原案は生まれました。
私たちは生活様式や考え方そのものに大きな変化を強いられつつも、気づけばこの世界に順応し、新たな日常を「何事もなかったかのように」生きています。


制作とは、作家にとってのParadise(楽園・憧憬)の追求や視点を実在化する営みという面でOrdinary(日常・平凡)との対比、表裏、あるいは逃避といったさまざまなアプローチを孕んでいます。


本展では、作家がそれぞれの変化の中で、自らのOrdinaryとParadiseを問いながら制作した作品群を紹介します。


この展覧会が鑑賞者の「新たな日常」に根ざした感覚に働きかけ、鑑賞者自身の中の変化に気づきを与える機会となれば幸いです。

https://www.othanp.com/

出品作家プロフィール

北村 早紀

KITAMURA Saki

フォト

1989年 長崎県生まれ
2013年 多摩美術大学 美術学部絵画学科版画専攻 卒業
2015年 多摩美術大学大学院 美術研究科絵画専攻 版画研究領域 修了

木版画の版表現をルーツに、人物画をモチーフとして版画、絵画、イラストレーションなどを制作する。
主な展覧会に「北村早紀 個展 Beyond the Mountain」(Green thanks supply、東京、2020)、「Portrait展」(青山スパイラルガーデン、東京、2019)、「蝶の羽ばたき Time Difference 時差vol.3 New York-Seattle-London-Tokyo」(東京都美術館、東京、2018)など。展覧会のほか[ATAMI BAY RESORT KORAKUEN]フロア内装アート制作(熱海後楽園ホテル新館、神奈川)や、2021年にはアパレルブランド「SHIPS」コラボレーション企画「Tシャツでアートに触れる」の3名のアーティストの1人として参加。
https://ktmrsk.tumblr.com/https://www.instagram.com/ktmrsk927/


吉國 元

YOSHIKUNI Moto


フォト

1986年 ジンバブウェ・ハラレ生まれ
2015年 多摩美術大学 造形表現学部造形学科(油画) 卒業

「他者との邂逅」をテーマに、幼少期を過ごしたジンバブウェで出会った人々と「出会い直す」試みとして絵画を制作する。主な展覧会に「来者たち」(cafe & space NANAWATA、埼玉、2020)、「アフリカ都市経験:1981年植民地以降のジンバブウェ・ ハラレの物語」(ギャラリーOGUMAG、東京、2018)など。VOCA展2021に選出。在日アフリカ人を取材する『MOTOマガジン』を発行している。
https://www.motoyoshikuni.com/https://www.instagram.com/moto_yoshikuni/


石原 絵梨

ISHIHARA Eri


フォト

1987年 愛知県生まれ
2011年 多摩美術大学 美術学部絵画学科油画専攻 卒業
同年電通テック入社

アートディレクター/グラフィックデザイナー。
書家の母を持ち、本業の広告グラフィック制作の傍ら、タイポグラフィやイラストレーションを制作する。
パッケージを軸にしたコミュニケーションプランニング、商品開発などを多く手がける。携わった商品はタカラトミーアーツ「もちばけ」「山本くん」、ヴィレッジヴァンガードより「脳麺」、竹新「ナッツのおことば」など。グッドデザイン賞、NY TDC、Tokyo ADC、JAGDA、TECHNE ID AWARDなど入選。JAGDA会員。2021年に岩崎書店より絵本『もちばけ おもちだけど、おばけです。』が発売。
http://www.ishiharaeri.com/https://www.instagram.com/asanomoura/


赤羽 佑樹

AKABA Yuki


フォト

1987年 栃木県生まれ
2010年 武蔵野美術大学 造形学部芸術文化学科 卒業
2012年 武蔵野美術大学大学院 造形研究科修士課程 写真コース 修了

「見ること/認識すること」について考え、写真というメディアを用いて認識のズレについて考察し制作を行う。
主な個展に「error correction」(H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI、東京、2018)、「cognition」(shuuue、東京、2018)、「resolution/reproduction」(tokyoartsgallery、東京、2017)など。2012年 EINSTEIN PHOTO COMPETITION X Vol.2 TOKYO CULTUART by BEAMS賞。2020年より、国立市内および近辺に点在するアトリエ・ギャラリー・店舗を会場に展示と街を横断するイベント「Kunitachi Art Center」の企画・運営を行う。
https://akabayuki.com/


中野 由紀子

NAKANO Yukiko


フォト

1989年 東京都生まれ
2013年 多摩美術大学 美術学部絵画学科油画専攻 卒業
2015年 多摩美術大学大学院 美術研究科絵画専攻 油画研究領域 修了

生活の中や夢で見た気になる風景を、記憶を手繰り寄せながら浮遊感を感じさせる絵画作品を制作している。
主な展覧会に「中野由紀子展『あの時と、この日』」(GalleryYukihira、東京、2021)、「Emerging 2018中野由紀子 展『見すごしているもの』」(TOKAS本郷、東京)、「-画廊からの発言-新世代への視点2017 中野由紀子展『近くの空き地、遠くの景色』」(藍画廊、東京)、「トーキョーワンダーウォール公募2016入選作品展」(TWS渋谷、東京)。

受賞・助成歴に「第20回グラフィック1_WALL」審査員奨励賞 菊地敦己選(2018)、「第31回ホルベイン・スカラシップ」奨学生(2016)、「トーキョーワンダーウォール2016」入選。
https://yn0420yn.wixsite.com/nakanoyukiko/https://www.instagram.com/nakanoyunyukiko/

関連イベント

●ギャラリーツアー配信 9月5日(日)14:00〜
http://www.akibatamabi21.com/news_topics/talks/202109061528.htm

●トークイベント配信 9月25日(土)14:00〜16:00
今、「何事もなかったかのように」絵が描けるか?
展覧会の企画が始動した2020年3月から展覧会開催の時点に至るまで、大きく変容した社会と作家の視点を取り巻く距離感の変化や、媒体として平面がもつ役割または可能性について議論し、見解を深めます。

◆お知らせ
9月25日(土)は、トークイベントのオンライン配信を無観客で実施いたします。
新型コロナウイルス感染予防の観点から、トーク配信前後(12:00?17:00)は201教室へ入場することができませんのでご注意ください。
なお、202教室では作品の観覧が通常通り可能です。また201教室でのトークイベントの模様も会場に設置されたPCにてリアルタイムでご覧いただけます。


トークゲスト:
山本浩貴(文化研究者・金沢美術工芸大学 美術工芸学部美術科芸術学専攻講師)

※配信URL・詳細は、当欄および『Ordinary than Paradise 何事もなかったかのように』Webサイト等でお知らせします。

PHOTOS

INFO

開場時間 12:00〜19:00(金・土は20:00まで)
休場日 火曜日
入場料 無料
アドレス 〒101-0021
東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 201・202
TEL/FAX 03-5812-4558
E-MAIL 
  アクセス方法はこちら