EXHIBITIONS

妄想公園

2021年7月31日(土)〜8月20日(金)
12:00〜19:00(金・土は20:00まで)
休場日:火曜および3331 Arts Chiyoda休館日

井上樹里 小林真理江 道源綾香 宮内理
(Imaginary committee)

頭の中だけにある、想像・空想、そして妄想の世界。


非現実的な妄想は、時に現実世界とは違うもうひとつの世界がそこに存在しているかのような錯覚を抱かせてくれる。それは人々の希望となり、現実世界を理想に近づけようとする原動力になる。空を飛べないから飛行機を作る。好きな人に今会えないからテレビ電話を作る。そうして妄想から開発されたものは数知れない。1秒後には結婚する、子どもを100人持つ、スーパー★ヒーローになる…人々は近い将来、それらの妄想さえも現実にする力を持っているかもしれない。目の前の現実を変える妄想の世界、人々と想像する自由を分かち合う展覧会。それが妄想公園である。


[妄想遊具]
ここでは自由な想像を妄想と称し、すべての人に開かれた場である公園をモティーフに作家の妄想を遊具に具現化。デザイン、色彩、配置に至るまでユニバーサルデザインの観点を取り入れながら、様々な不自由にほんの少し寄り添う展示を目指します。


[妄想遊び]
会場ではスマートフォンを使い、公園内で実際には存在しないARキャラクターと一緒に遊ぶ妄想のような世界を体感することができます。また会場に訪れることができなくても遊具のペーパークラフトをダウンロードして組み立てて公園を再現、その空間にARを出現させて自分だけの妄想公園を自宅で楽しむこともできます。


[未来妄想手紙]
妄想公園内に封筒と便箋、小型点字器、郵送の仕方の仕様書を用意。その場で手紙を書くこともできます。未来の自分や大切な相手の数年後を妄想し、手紙を書いて送ってみるのはいかがでしょうか。
(公財)日本郵趣協会のタイムカプセル郵便
http://www.yushu.or.jp/tegami-project/capsule/


Fantasy, dream and imagination only exist in our minds. The floating imaginations give us sensational feelings that we live in another existing world. This brings hope and drives people to become part of an ideal world. We make airplanes because we can’t fly. We can’t meet our lovers right now so we invent video calls. There are countless things made from imaging. After a second we could get married, have 100 children, become super heroes… people might even have the power to grant these wishes in the near future. The imaginative world is capable of changing the reality we see. The Imaginative Park is an exhibition where people share these free-form imaginations.


[Imagination Equipment]
We imagine a park as a symbol of an open and accessible place to all. The motifs of the playground equipments are based on the creator’s imagination. The design, colour and placements were made from considering a universal standpoint. We aim to create a space to provide for many disabilities.


[Imagination Play]
In the exhibition, guests can play with surreal AR characters on their smartphones to experience playing in a fantasy world. Even if you’re unable to visit the exhibition, the park can be enjoyed at home by downloading the paper craft file.


[Imaginative letter for tomorrow]
Imaginative Park package includes a letter set (envelope, letter paper, small braille kit, mailing manual) which guests are able to write letters at the exhibition. How about imagining your future self, significant others and writing a letter?


妄想公園公式サイト
https://mosokoen.weebly.com/
妄想公園チラシ(PDFファイル)
ARよみこみカード(PDFファイル)

出品作家プロフィール

井上 樹里

INOUE Julie

フォト

画廊や公募団体で活動しながら教育現場や福祉と関わった経験から、現代社会において日常の喧騒やゆらぎから離れるひと時が私たちには必要と考え、こころの静寂を誘う心象風景を描き続ける。
2020年からひとつのパネルを切り離して制作する「離れても、寄り添う。」シリーズを展開。切り離された絵の欠片は独立した作品として新たに歩み始めると同時に一部であり続ける。それはCOVID-19で揺れる私たちの姿を映し出した景色そのものである。

2008 多摩美術大学大学院 美術研究科 博士前期課程 絵画専攻 油画研究領域 修了
2006 多摩美術大学美術学部 絵画学科 油画専攻 卒業

I continue to draw imaginary sceneries which suggest the serenity of our hearts. I believe that we need moments to be free from the hustles and bustles of everyday life. I continue to draw while being involved with education and welfare.
I have been working on the series Will be close to you since 2020 in response to COVID-19. I work with segmented canvases to paint a picture, which reflects the uncertainties within ourselves. The segmented pieces are able to stand on their own and yet continues to be part of the sceneries.

2008 Graduated from Graduate School of Tama Art University, Oil Painting (M.F.A)
2006 Graduated from Tama Art University, Oil painting (B.F.A)

井上樹里Facebook
https://www.facebook.com/juriinouejp

小林 真理江

KOBAYASHI Marie

フォト

大学院修了後から、主に百貨店と画廊での個展・グループ展にて作品発表を続ける。
色彩が特徴的なアクリル絵画と、色彩を生かしたオブジェとして国内では珍しいガラスモザイク・タイルモザイクの作品を手がける。その他、JR駅構内の待合室のガラス面デザインを始め、こども病院での遊具件オブジェの制作、温泉郷でのオブジェ制作、公民館・子育て広場などの複合施設のメインオブジェと椅子など、幅広い世代・立場のニーズに配慮したパブリックアートも手がけている。

2010 東京藝術大学大学院 美術研究科 修士課程 絵画専攻 壁画研究分野 修了
2006 多摩美術大学美術学部 絵画学科 油画専攻 卒業

After obtaining a master's degree, I predominately showcased my work in personal and group exhibitions at department stores and galleries. I work with acrylic paintings, sculptures and mosaic glass/tiles using a unique colour palette. I have also started to work with public art, such as glass mosaic art in the resting space of JR stations, designing playing equipment for children's hospitals, sculptures in hot springs, community centres etc. My work considers a wide range of generations and purposes to fulfil everyone's needs.

2010 Graduated from Graduate School of Tokyo University of the Arts (M.F.A)
2006 Graduated from Tama Art University, Oil painting (B.F.A)

小林真理江サイト
https://kobayashimarie.com

道源 綾香

DOGEN Ayaka

フォト

具象的な絵画表現を中心に制作を続け、国内とフランスで発表をしている。2018年からは「距離をつかみなおす」というテーマで、心象風景に有機的な形を覆いかぶせることにより、視覚の無意識を意識させたり、作品と鑑賞者との距離や作品と作品でない部分との境界線を意識させたりするような作品制作をしている。保育者養成校では造形表現の教員として、現場で活きる実践的な内容を踏まえつつ、「アートを誰でも気軽に楽しむ」を大きなテーマとして、主に幼児の描きたい・作りたいという気持ちや五感を大切に、美術と保育の可能性を探っている。

2008 多摩美術大学大学院 美術研究科 博士前期課程 絵画専攻 油画研究領域 修了
2006 札幌大谷短期大学専攻科 美術専攻 油彩コース 卒業(独立行政法人大学評価・学位授与機構 芸術学士)

Ayaka Dogen focuses on concrete pictorial expressions and presents her works in Japan and France.
Since 2018, she has created works with distinctive organic shapes that cover the psychological landscape under the theme of "Regaining a Sense of Distance". These artworks remind us of what we see, the distance between the artwork and the viewer, and the boundary between the artwork and non-artwork.
As an art teacher at a nursery school, she proposes practical programs that can be used in the field of childcare, with the main theme of "anyone can enjoy art" for small children. She continues exploring the possibilities of art and childcare, which value children's feeling and use of their five senses.

2008 Graduated from Graduate School of Tama Art University, Oil Painting (M.F.A)
2006 Graduated from Junior College of Sapporo Otani University, Advanced Course in Fine Arts, Oil Painting (B.F.A)

道源綾香Facebook
https://www.facebook.com/ayaka.dogen

宮内 理

MIYAUCHI Aya

フォト

アートをコミュニケーションツールと捉え、皆が楽しめる場や環境作り、特に、ものづくりを通じた子どもたちや学生世代への情操教育としてのアートの可能性を探っている。大人も子どもも訪れる地域に密着した公共施設を中心に「子どもたちがワクワクするものは、大人もワクワクするはず」というコンセプトのもと、展覧会やWORKSHOP等を行う。2015年10月、アート関連イベントの企画団体「ジャーナニヤルアート企画」を発足。福島でのアーティスト・イン・レジデンスの主催、地域活性化を目的としたアートイベントの企画や運営も行う。
各地のAIRに参加し、主に『人々が入り込んではじめて完成する』参加型インスタレーション作品を制作している。

2008 多摩美術大学大学院 美術研究科 博士前期課程 絵画専攻 油画研究領域 修了
2006 多摩美術大学美術学部 絵画学科 油画専攻 卒業

Taking fine arts as a tool for communication, Aya is creating places and environments for everybody to enjoy, especially is seeking the possibility of fine arts as an education to cultivate aesthetic sensibility for children and students.
Under the concept "Things excite children, excite adults as well", She has been holding exhibitions, curating events and giving presentations where participants actively join handcrafting art products, in community-based local places such as zoo, museum and abolished school in which children and adults visit.
She has founded an art-related event producing organization "Journaniyal Art" in October 2015 as the representative.

2008 Graduated from Graduate School of Tama Art University, Oil Painting (M.F.A)
2006 Graduated from Tama Art University, Oil painting (B.F.A)

宮内理サイト
journaniyal.weebly.com/

関連イベント

●無観客LIVE配信●ゲストトーク
日時:7月31日(土)10:30〜11:30
妄想公園公式Facebookにて

アーカイブはこちらからご覧いただけます。
http://www.akibatamabi21.com/news_topics/talks/202108181359.htm


オープン直前の会場から無観客LIVE配信を行います。
ゲストに花牟禮亜聖氏を迎え、なぜ私たちは美術(想像・創造)をつづけるのか、制約のある暮らし(コロナ禍)をきっかけに今考える持続可能な社会へのヒントについてトークします。
「想像と共感」という展示テーマに至る経緯を振り返りながら、持続可能な社会へのヒントを女性作家としての視点も交えて考察していきます。

ゲスト:花牟禮 亜聖
1979 女子美術大学産業デザイン科卒業日本橋高島屋・宣研入社
1983 渡伊ブルーノ・ムナーリとイエラ・マリの両氏に師事
1984 PREMIO SANFEDELE大賞受賞<イタリア・ミラノ>
1985 カミカのアートデレクターとして活動
1988 STUDIO ASEI設立
現在まで、紙にこだわったグラフィックデザインを展開、大手百貨店のCI・ブックデザイン・パッケージ・コンサートツールなど

PHOTOS

INFO

開場時間 12:00〜19:00(金・土は20:00まで)
休場日 火曜日
入場料 無料
アドレス 〒101-0021
東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 201・202
TEL/FAX 03-5812-4558
E-MAIL 
  アクセス方法はこちら